MENU

 

チケットご予約

 

現在、公演チケットの

お取扱はございません。

 

 

 

 




クリスティーナ・トラヴロプールー
 

Christina Travlopoulou

ギリシア出身。

英国王立音楽院、ジュリアード音楽院を卒業。
2000年カーネギー・リサイタルホールでNYデビュー。

現在、アテネを拠点に世界各国で演奏活動中。現代音楽を中心とするプログラムは高い評価を得ている。また現代作曲家にギター作品を委嘱、その初演も多い。 美術にも造詣が深く、音楽とアートに関するレクチャーコンサート等も開催。

 

2007年よりトラブロプールーから、実際の名前の発音に近いトラヴロプールーと表記を変更。

 

レパートリー: 古楽と現代ギター作品ほか

CD:“現代作曲家によるギター作品集”

ALMP-10601

 





長野 剛 Go Nagano

11弦ギター/14コースバロックリュート

東京都出身。

マンハッタン音楽院 学士課程卒業後、日本人ギタリストとして初めてジュリアード音楽院入学し修士課程を修める。


1999年カーネギー・リサイタルホールにて《ギターで奏でるルネサンス・バロック音楽》プログラムでソロ・デビュー。2001年から2003年までアスペン音楽祭/スクールにてギター室内楽クラスを指導。

レパートリー:バッハ作品、リュート/ビウエラ作品ほか

CD:“11弦ギターによるリュート・ビウエラ音楽”
AMLP-0201

 

 


クリスティーナ・トラヴロプールー&長野 剛,

6弦と11弦ギター・デュオ
         

2001年カーネギー・リサイタルホールでデュオデビュー。


世界的にも珍しい6弦と11弦ギターデュオ。ジュリアード音楽院在学中より世界各地で演奏会やマスタークラスを開催。2005年12月、YAMAHAホールにて「日本におけるドイツ年2005/2006」の文化イベント参加公演“BACH PLUS”を開催。バッハ作品を中心にドイツバロック音楽プログラムを演奏し好評を博す。

また劇団俳優座とのコラボレーションで実現した《コルチャック》(2006)(2009)は各界で高い評価を得ている。

レパートリー:バッハを中心としたバロック音楽、ショパン作品、モーツァルト作品、現代音楽作品ほか

CD: “ショパン名曲集”
ALMP-10602 

 

 

   試聴コーナー    

夜想曲 Op.9 no.1 

 

           ワルツ Op.64 No.2

-ショパン

 

 

クリスティーナ・トラヴロプールー&

長野剛 

6弦と11弦ギター・デュオ

 

solo

-ジャノウ

 

フィナーレ ソナタOp.47 より

-ヒナステラ

 

クリスティーナ・トラヴロプールー

クラロス卿の変奏曲

-ナルバエス

 

長野 剛

 

  ONLINE SHOP